睡眠の質を高めるためには程良い疲労度が必要

睡眠の質を高めるためには程良い疲労度が必要

 

睡眠の質を高めるためには程良い疲労度が必要です。睡眠

 

は疲れた体を回復させることができる効果があります。し

 

かし、疲労度が少ない状態では肉体の回復はそこまで重要

 

ではなくなるため、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くな

 

ったりなど、困ってしまう状況になります。そのため、深

 

く眠りたい時は疲労度を感じている程度の状態が理想的で

 

す。ただし、深い眠りを得るためにわざわざ体に疲労が蓄

 

積するような行動は好ましくありません。たとえば、疲労

 

度のために激しい運動の実施は体力の負担が大きいです。

 

仮にしっかりと眠れたとしても、疲労が完全に抜け切れて

 

いない状態は予想できます。また、無理に夜更かしをする

 

ことも体にとって良い行動とは言えません。夜更かしをし

 

たからといって程良い疲労度を得られるとは限らないから

 

です。たとえば、ウォーキングや軽いジョギング、筋力ト

 

レーニングなどは、程良い疲労度を得るために効果的です

 

。これらはすぐに取り組める内容なので、思い立った時に

 

始められるメリットがあります。また、続けているとどれ

 

くらいの運動量が自分にとって睡眠の質を高めるために良

 

いのかがわかるようになります。ですから、質を高めるた

 

めにはまず行動することが大切です。